2005年04月22日

人材は人財ではないのかね?

最近疲れ気味なので、たまには愚痴を書きますぞ

最近の経営者というのは世知辛いもので、少し経営が傾いたり、事業の再編成をしようとすると、人員の削減という切り札を出してきます。確かに、今の能力主義の世の中では、能力の少ないと判定された人が異動対象になるのは仕方ないかなと思います。で、業務能力が高く人間性も優れている人が残れば、仕事も恙無く進み、効率的になるし、人件費などのコストダウンにも繋がるわけですね。

うちの会社も同様に、これまでに人員削減やって来ているわけですが、最近のやり方にはなんとも納得し難いものがあります。流石に納得できないので、ここ最近は会社を相手にしてそれ関係の会議やら打ち合わせやら話し合いやら、夜遅くまで喧々囂々と議論をしているわけですが、いい加減疲れてきた(/Д`)
今の部署に残っている人たちは皆優秀で、すごく仕事のできる人達なんですよ。これまでに異動させた人達には好条件の再出発の場を提供しておいて、今残っている人達にはハローワーク並みの扱いっていうのはどうかと。どう考えてもおかしいと思うわけですよ。優秀な人財を溝に捨てるような真似をする指導者というのは、指導者の資格なんか無いよーーー
posted by まみぞぅ at 00:27| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。